イライラするのはエストロゲンが原因?

エストロゲン イライラする

「あなた、ホントにバカね」と低レベルなことを言われたら
あなたはどう感じますか?

私は恐ろしい思いをさせてやろうと思ってしまいます。
それくらい低レベルなことを言われたらイライラするものです。

誰だってイライラするものです。

ただ、そのイライラする時がいつも生理前ということなら
もしかしたら女性ホルモンが原因かもしれませんよ。

女性ホルモンには

・エストロゲン
・プロゲステロン

の2種類があります。

エストロゲン

そしてエストロゲンは

・エストロン
・エストラジオール
・エストリオール

の3種類に分かれます。

で、エストロゲンという女性ホルモンの名前を
あなたも聞いたことがあると思います。

が、そんな有名なホルモンですが
あなたが亡くなるまでの間にスプーン1杯程度しか
エストロゲンは分泌されないんです。

ちなみにオシッコは1日に1リットルくらい出ます。
エストロゲンは一生かけてスプーン一杯です。

いかにエストロゲンの分泌量って少ないかわかっていただけると思います。
そんな少量しか分泌されないエストロゲン。
なのに、精神状態に関係しているんです。

エストロゲンが原因でイライラする?

エストロゲン

エストロゲンは精神状態に関係しています。
エストロゲンの不足によって精神的に落ちてしまい、うつ状態になってしまうんです。

逆にプロゲステロンが不足するとイライラするようになる方が多いです。

つまり

・エストロゲンの不足はうつ状態
・プロゲステロンの不足は感情が高ぶってしまう

ようになる方が多いです。

なので、全員が当てはまるわけではありませんが
イライラする原因はエストロゲンというよりプロゲステロンの不足の方が
可能性が高いでしょう。

とはいえ、人によってはエストロゲンが原因でイライラする方もいます。

とにかくエストロゲンやプロゲステロンなどの女性ホルモンが
精神状態に関係していることを知っておいてくださいね。

こちらも参考に!⇒エストロゲンはアルツハイマーの原因?

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る