プロラクチンとは男性にどんな作用を及ぼすホルモンなの?

プロラクチンとは 男性

プロラクチンというと、『女性のホルモン』
というイメージを持っている方が多いと思います。

実際、プロラクチンとは女性が出産したあと、
母乳を分泌させる作用のあるホルモンですから。

なのでプロラクチンは女性だけが関係するホルモンという
感覚になってしまうわけですね。

ですがプロラクチンは男性だって存在します。
といいますか、男性も毎日プロラクチンが分泌されていますし
体調にも関係している
んです。

そこでこの記事ではプロラクチンとは男性に
どんな作用を及ぼすホルモンなのか、解説したいと思います。

プロラクチンとは男性にどういった効果を及ぼすホルモン?

男性にもプロラクチン

プロラクチンとは男性の場合だったら
前立腺や精嚢腺といった男性の生殖器の発達に影響を及ぼすホルモンです。

たとえば男性が女性と生殖活動をしたとします。
そして男性が射精をすると、その瞬間にプロラクチンが
ドバドバと大量に分泌されます。

すると男性の性欲が落ちるんです。

こんな感じで男性が射精をする回数をコントロールする効果が
プロラクチンにはあります。

なのでプロラクチンの量が少ない男性だと
射精後、すぐに女性と生殖活動をすることができます。

あとプロラクチンが分泌されると
男性の場合の、疲労感を感じさせると言われています。

射精をしてプロラクチンが分泌され
性欲が落ちるとともに疲れて眠たくなってしまうわけです。

なので、病的にプロラクチンの量が多い男性は
常に性欲を感じず、女性との生殖活動ができなくなることがあります。

男性のプロラクチン

もし性欲が落ちているようでしたら
プロラクチンの値が上がっている可能性があります。
一度、病院に行った方がよいかもしれませんね。

プロラクチンの値は例えば抗うつ剤を飲むことで
上がることがあります。

抗うつ剤を飲んでいる方で性欲が落ちてきているようなら
主治医の先生に相談してみましょう。

他にも男性でプロラクチンの値が高くなる原因があります。
続きはこちらからご覧ください。

こちらも参考に!⇒プロラクチン高い原因|男性編

プロラクチンとは男性にどんな作用を及ぼすホルモンなの?」を読んだ人はこんな記事も読んでいます

プロラクチンの働きは?
プロラクチンを下げるには?
プロラクチンの働きは?
HCGとプロゲステロンとは何が違うの?
頭痛があってプロラクチンが高い病気とは?

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る