産後リラキシンはどれくらいの期間分泌されているの?

産後 リラキシン

リラキシンは妊娠中から産後にたくさん分泌されるホルモンの一種です。

「リラキシンにはどんな作用があるんですか?」
と疑問に感じている方もいるでしょう。

リラキシンは体を緩める作用があります。

たとえば骨盤をゆるめる作用があります。
骨盤が緩むことで、お腹の赤ちゃんの出産が楽になるわけです。

頭の幅が約10㎝ある赤ちゃんが骨盤(産道)を
通りやすくなるわけです。

こんな感じでリラキシンは出産にとって重要なホルモンです。
とはいえ、リラキシンが分泌され骨盤が緩むことで腰痛の原因にもなります。

骨盤

骨盤は人間が二足歩行で歩くときに体を支える働きがあります。
なのに、リラキシンの影響で骨盤が緩むと、腰回りの筋肉を緊張させることで
体を支えることになります。

その結果、腰に負担がかかり腰痛の原因になるわけですね。

で、リラキシンは出産時だけでなく産後も当分の間、分泌されます。
産後のお母さんの腰痛の原因になります。

しかも生まれたばかりの赤ちゃんを抱っこするわけですから
普段以上に腰に負担がかかります。

また、他のホルモンの影響で産後うつになり
肉体的にも精神的にも限界になり、自ら命を落とす方もいるくらいです。

そこでこの記事では産後のリラキシンはいつまで分泌されるのか?解説します。
産後、いつまでリラキシンが分泌されるか知っておくことで
「あともう少しでリラキシンが分泌されなくなるから、腰の負担が減る」
と自分に言い聞かせることができますから。

リラキシンは産後いつまで分泌され続けるの?

産後

結論として、リラキシンは産後2~3日で分泌は止まります。

ただ、緩んだ骨盤が元の状態に戻るのに約3ヶ月かかります。
そういった意味では腰痛が改善されるのは産後3ヶ月はかかるということになりますね。

産後の腰痛で精神的に、肉体的に限界な方は
こちらの腰痛解消グッズをおすすめします。
腰痛ベルト 骨盤ベルト で 筋肉強化 産後ケア 腰痛 肩こり 改善

こちらも参考に!⇒リラキシンは骨盤にどのように作用するの?

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る