エストロゲンの量が変化すると体はどう変化するの?

HCGの注射

エストロゲンの量は多くても少なすぎてもダメです。

エストロゲンの量が多すぎるとガンになることがあります。
「エストロゲンの量が多いと何ガンになるの?」
と心配なようでしたら、こちらの記事をご覧ください。
エストロゲンの量が多すぎると何ガンの危険があるの?

エストロゲンの量を増やす原因としては食事やサプリメントがあります。

どんな食事やサプリメントがエストロゲンの量を増やすのでしょうか?
こちらの記事で詳しく解説しました。

エストロゲンの量が多くてもダメですが
エストロゲンの量が少なくてもダメです。

エストロゲンの役割

そもそもエストロゲンの役割としては

・女性っぽい丸っこい体にする
・妊娠しやすい体にする
・精神状態をよくしてくれる
・骨太の女性にしてくれる

などがあります。

だからもしエストロゲンの量が不足してくると

・生理がこなくなり、不妊症になる
・精神状態が悪くなりうつになる
・イライラして周りに八つ当たりする
・骨粗鬆症になりやすくなる

といった感じで体の調子が悪くなったり妊娠できない体になったりするんです。

疑問に感じる女性

どんなときにエストロゲンの量が少なくなるの?
と疑問に感じたかもしれません。

エストロゲンの量は閉経が近づく50歳前後までに少しずつ減ってくるのです。

そしてエストロゲンの量が少ないことからくる
先ほども解説したうつっぽい症状や骨粗鬆症などの症状の複合体を更年期障害といいます。

続いて出産後のエストロゲンの量はどうなるか?解説します。

こちらも参考に!⇒産後になるとエストロゲンはどう変化する?

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2016年 10月 25日
  2. 2016年 10月 26日
  3. 2017年 1月 26日
  4. 2017年 11月 07日
  5. 2017年 11月 20日

ページ上部へ戻る