陣痛促進剤の費用はどれくらい高額なの?

陣痛促進剤の費用

赤ちゃんが狭い産道を通り出産するには、陣痛が必要です。
子宮をギュッと収縮させて赤ちゃんをお腹の中から押し出します。

そのために必要なのが陣痛ってことです。

ところが何かの原因で陣痛が起こらない、
陣痛が弱すぎるてお産が出きないことがあります。

このような時に使用するのが陣痛促進剤です。
薬によって陣痛を起こしたり陣痛を強くします。

その結果、子宮が収縮しお腹の赤ちゃんが押し出され
無事生まれてくるわけです。

そんな出産にとって必要なお薬である陣痛促進剤ですが
費用はどれくらいかかるのでしょう?

陣痛促進剤の費用はいくら?

出産費用

まず前提として出産は病気ではありません。

健康保険が使えるのは病気のときだけです。
たとえば美容整形は保険が使えません。

なぜなら美容整形は病気を治す治療ではないからです。

これと同じで出産も病気ではないので保険が使えません。

お母さんの定期検診も分娩費用も入院費も
保険診療対応ではありませんのですべて自費となります。

陣痛促進剤もお産同様、保険が使えません。
あくまでも自費扱いになります。

陣痛促進剤の費用
陣痛促進剤にかかる費用はおよそ1~5万円ぐらいとされています。

陣痛促進剤の効き方には個人差があります。
少ない量であれば費用は安くなります。

病院ではお薬を業者から仕入れています。
錠剤なら100錠で1,000円といった感じです。

だから使うお薬の量が少なければ少ないほど
あなたが払う費用は安く済むわけです。

そんなこともあって陣痛促進剤を使っても
効き方が悪い場合は点滴や錠剤の量が増えて費用は高くなります。

請求書がくるまで確かな費用は分かりません。

ただし赤ちゃんや母体の状態が心配されるような
「微弱陣痛」と診断された場合は健康保険が適用されます。

続いて陣痛促進剤のリスクについて解説します。
どんなお薬にも危険がつきまといますからぜひご覧ください。

こちらも参考に!⇒陣痛促進剤のリスクをお母さんと赤ちゃんにわけて考察

陣痛促進剤の費用はどれくらい高額なの?」を読んだ人はこんな記事も読んでいます

陣痛促進剤で痛みを強く感じる原因とは?
陣痛促進に使うオキシトシンはどんな時に使う?副作用は?
オキシトシンとペットの関係

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る