頭痛があってプロラクチンが高い病気とは?

プロラクチンが高い状態で頭痛

プロラクチンの値が高くて頭痛も伴う病気で
考えられるのは高プロラクチン血症です。

高プロラクチン血症はプロラクチンが増えすぎて起こります。
不妊症の原因の一つとも言われているんです。

プロラクチンとは脳下垂体から分泌される刺激ホルモンで
母乳の分泌に深く関係しています。

プロラクチンは乳腺を発達させて乳汁を分泌させる大切な役割があります。

授乳中の女性は、プロラクチンの血中濃度が高くなるため
無月経、無排卵の状態になります。

つまりプラロクチンが多く分泌されてる間は妊娠しません。

プロラクチンの数値が高い

また赤ちゃんに授乳する事で、乳首を刺激されると
プロラクチンの分泌が増え高プロラクチンの状態になっています。

そして卒乳して授乳期間が終わると通常はプロラクチンの数値は下がります。

しかし授乳中などでもなく
通常でもプロラクチンが高い値の状態が続く場合があります。

この状態を高プロラクチン血症といいます。

プロラクチンの血中濃度の正常値は15ng/mlです。
しかし高プロラクチン血症では正常より高い数値を示します。

高プロラクチン血症の主な症状には

・無排卵月経
・無月経
・無排卵
・不妊症
・妊娠していないのに乳汁が出る

などが挙げられます。

高プロラクチン血症

プロラクチンが高い値を示す多くの場合は、
ストレスで自律神経のバランスが崩れてプロラクチンの分泌にも
影響を及ぼしていることが原因です。

しかし高プラロクチン血症の症状で

頭痛
・吐き気
・視野が狭くなる視野狭窄

などの症状がある場合は注意が必要です。

頭痛などが症状として出る場合は脳下垂体の腫瘍が原因で
プロラクチンの値が高くなっていることがあります。

頭痛などが起こる原因、脳下垂体の腫瘍によって
ホルモンバランスが崩れる事で高プロラクチン血症がおこります。

頭痛などの自覚症状がある場合は脳神経外科を受診してください。

こちらも参考に!⇒プロラクチンの値が高い原因になるお薬とは?

頭痛があってプロラクチンが高い病気とは?」を読んだ人はこんな記事も読んでいます

プロラクチンが高いとは数値がどれくらい?
高プロラクチン血症にカバサールが使用される理由とは?
女性ホルモンの乱れを改善する方法

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2016年 12月 10日
  2. 2016年 12月 22日
    トラックバック:プロラクチンの働きは?
  3. 2016年 12月 27日
  4. 2017年 1月 28日
  5. 2017年 4月 02日
  6. 2017年 11月 21日
    トラックバック:プロラクチン産生腫瘍とは?
  7. 2017年 11月 27日

ページ上部へ戻る