プロゲステロンの注射で出来たしこりは大丈夫?ガンじゃないの?

プロゲステロン注射でしこり

プロゲステロンという女性ホルモンの一種が
不足すると生理がこなくなります。

そんな場合にはプロゲステロンを注射で補う治療をします。

すると生理がくるようになり妊娠しやすい健康な体を取り戻すことができるんです。

ただこのプロゲステロンの注射はめちゃくちゃ痛いです。
お尻に筋肉注射をするためです。

しかもプロゲステロン注射をした後、
注射した部位が腫れて、しこりが出来る人がいます。

悪性腫瘍

しこりとはデキモノのことです。
デキモノには全身に転移して命を落とす可能性のある悪性腫瘍、
つまりガンってこともあるわけです。

そういった意味でもプロゲステロンの注射をした後に出来たしこりを
見るだけでも心配な気持ちになってしまうことでしょう。

注射をした事で出来たしこりは大丈夫なのでしょうか。

プロゲステロンの注射後にできたシコリって大丈夫?

プロラクチン注射でシコリ

注射をした部分が赤くなったり、しこりになって腫れてくる原因は炎症です。

ニキビができると赤く腫れて痛いですね。
実はニキビも炎症です。

炎症は冷やすと気持ちよくなります。
炎症を起こした場所は熱を持っていますから冷やすと気持ちいいんですね。

プロゲステロンの注射は1回で終わりではありません。
もし前回の注射で痛かったり、赤く腫れた場合には
次回からは注射をする場所を変えてもらいましょう。

シコリについて解説

しこりがある部位に再度注射をしてしまうと、
シコリが治りにくくなります。

しこりが出来て無くても同じ部位に何度も注射をすると
急にしこりとなることもあります。

しこりが出来ると心配になりますが、
プロゲステロンの注射の後にできたシコリは、何の問題もありません。

ガンではないってことです。
徐々にシコリは消えて跡形もなく消えてなくなります。

ちなみにプロゲステロン注射をしても全くしこりに
なったことがない患者さんもいます。

運動をする女性

その人たちの共通点は、毎日運動をして、
お尻や肩の筋肉を使っているようです。

プロゲステロンの注射跡がしこりとならないためには、
注射部位をしっかり揉むことが重要です。

他にも注射した薬剤を血液によって全身に行き渡らせるために、
全身運動をするとよいでしょう。
そうすればシコリができにくくなりますから。

こちらも参考に!⇒プロゲステロン注射の副作用は?

プロゲステロンの注射で出来たしこりは大丈夫?ガンじゃないの?」を読んだ人はこんな記事も読んでいます

プロゲステロンの作用は?
プロゲステロンの値が低い原因とは?
チロキシンの原料は何?

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る