セロトニン不足でめまいを引き起こす原因とは?

エストラジオールが低い原因

セロトニンは脳や腸で作られるホルモンです。
気持ちを落ち着ける作用があります。

逆にセロトニンが不足するとうつっぽくなり、不安な気持ちになってきます。

他にもセロトニン不足が原因でめまいを引き起こすこともあります。

セロトニン不足でめまいを引き起こす原因として
どのような事が考えられるのでしょうか。

セロトニン不足でなぜめまいの症状がでるの?

めまいの症状

脳の血管がめまいに関わっています。

私たちは上司や親、友達に怒鳴られ「お前はアホか!?」
とバカにされると「この野郎!」とイライラしてしまいます。
と同時に「そこまで言う必要ないだろう」とストレスを感じてしまいます。

ストレスを受けると、脳内の血管がプクッと膨らむんです。
人間の体は恒常性といって元の状態に戻すように働きます。

だからプクッと膨らんだ脳の血管を元の状態に戻そうと
あるホルモンを分泌するんです。

セロトニン

そのホルモンこそがセロトニンです。
セロトニンが分泌されると脳の血管が元の状態に戻ろうとし始めます。
と同時に血管の周辺の神経を刺激し痛みが起こることがあるんです。

これが偏頭痛のような頭痛の原因です。

ところがセロトニンが不足しているとストレスを感じて
膨らんだ脳の血管を元に戻せません。

脳がストレス状態な、言い換えると脳が混乱状態です。
脳が混乱状態になっている結果、めまいの症状がでることがあるんです。

ではなぜセロトニン不足が起こることがあるのでしょうか?
次の記事で解説します。

こちらも参考に!⇒セロトニン不足を起こす原因とは?

セロトニン不足でめまいを引き起こす原因とは?」を読んだ人はこんな記事も読んでいます

セロトニン増やす食べ物は?
セロトニン増やす効果的な運動とは?
陣痛促進に使うオキシトシンはどんな時に使う?副作用は?

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る