陣痛促進に使うオキシトシンはどんな時に使う?副作用は?

難産

女性ホルモンの一種であるオキシトシンは、
母乳の分泌を助ける幸せホルモンと言われています。

オキシトシンの役割として母乳の分泌を助ける以外に
子宮をギュッと収縮させる作用があります。

たとえば妊娠中の女性の場合、子宮がギュッと収縮することで
子宮の中で生きている赤ちゃんが外に押し出されやすくなります。

そのため、出産のときになかなか赤ちゃんが生まれてこないときに
オキシトシンを注射するんです。

オキシトシンの注射

オキシトシンの注射を打つと子宮が収縮するので
お腹の赤ちゃんが生まれてきやすくなります。

要するにオキシトシンには陣痛を促進する効果があるんです。

「オキシトシンは陣痛を促進するんですね。
じゃ、どんな場合でも出産しやすくするためにオキシトシンを使うんですか?」
と思われた方もいるかもしれません。

少しでもお母さんに体の負担をかけさせない方がよいに決まってますから。
出産までの時間が長ければ長いほど
お母さんもお腹の赤ちゃんも体力的に精神的に疲れます。

オキシトシンの副作用

結論としてはオキシトシンは陣痛促進のために
どんな場合でも使えるわけではありません。

オキシトシンを注射する量を間違えると過強陣痛といった
副作用が現れることがあります。

過強陣痛とは陣痛が強くなりすぎ、子宮破裂や頸管裂傷、胎児仮死など
母子ともに重大な副作用を引き起こすことをいいます。

こんな感じでオキシトシンは量が少しでも多いと
子宮が破裂してお母さんの命の危険が生じることがあるわけです。

そういった意味ではオキシトシンは陣痛促進剤として
どんな場合でも使えるわけではありません。

オキシトシンが陣痛促進剤として使用されるケースは

・長時間微弱な陣痛でお産が長引いた際
・破水したのに陣痛が起こらない
・予定日が超過し母子ともに危険なとき
・胎盤の状態が悪くお腹の赤ちゃんが危険なとき
・子宮内にばい菌がいて少しでも早く出産させたいとき
・胎児の体の調子が悪くて少しでも早く治療したいとき

など妊娠したまままの状態を継続できなくなった場合に使用されています。

こちらも参考に!⇒オキシトシンと認知症の関係は?

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2016年 9月 23日
  2. 2016年 9月 27日

ページ上部へ戻る