腎性貧血で使用する治療薬は?

ホルモン補充療法

腎性貧血で使用する治療薬は一般の貧血治療と、どう違うのでしょうか。

腎性貧血はよくある鉄が足りないような貧血と違います。
治療薬として鉄分を処方して飲んでもらっても改善ができません。

よくある貧血は鉄欠乏性貧血と呼ばれています。
体内の鉄分不足が主な原因です。
治療薬には鉄分の錠剤が処方されます。

一方腎性貧血の原因は、血液の生成を促すエリスロポエチン不足です。
治療は不足したエリスロポエチンを薬や食事によって補います。

エリスロポエチンの皮下注射

薬による治療には

・赤血球造血刺激因子製剤を投与し人工的に赤血球の量を増やす
・エリスロポエチンそのものを皮下注射する

などの治療方法があります。

つまり腎性貧血の治療薬は

・エリスロポエチンの皮下注射
・赤血球造血刺激因子製剤

ということです。

エリスロポエチンだけを注射しても鉄分が不足していると
効果が発揮できないので同時に鉄分の補給も行われます。

食事療法

治療は薬だけに頼らず食事療法も併用します。

適切な量の鉄分やタンパク質を摂取することで腎性貧血を少しでも予防していきます。
腎性貧血は放置すると腎臓への負担が増え
末期腎不全に進行してしまうこともあります。

貧血は倦怠感や疲れやすくなるなど日常生活にも大きな支障が出てきます。
腎性貧血の治療薬を使い症状が改善すれば慢性腎不全の進行を食い止めることができます。

さらに腎臓だけでなく体全体の機能を向上させることが出来るのです。

腎性貧血についてこちらの書籍がすごく詳しくてわかりやすいですよ。
かかりつけ医・患者・家族のための見逃しやすい!保存期患者の腎性貧血診療ガイド

こちらも参考に!⇒腎性貧血の診断法!とエリスロポエチンはどうなる?

腎性貧血で使用する治療薬は?」を読んだ人はこんな記事も読んでいます

エリスロポエチンと赤血球の関係
腎不全とエリスロポエチンの関係
プロラクチンが高いとは数値がどれくらい?

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2016年 9月 17日
  2. 2016年 9月 19日

ページ上部へ戻る