女性がテストステロンを減らす方法

幸福感

テストステロンは男性の性欲を高めるホルモンです。
女性といちゃいちゃしたくなる作用がテストステロンにはあります。

そんなこともあってテストステロンは男性しか存在しないホルモンだと考えてしまいがちです。
つまり女性はテストステロンが1滴も分泌されないと思われている方が多いってことです。

ところが女性にもテストステロンは存在しています。
実は、「女性ホルモン」はテストステロンから変化しているんです。

絶望感

女性の場合、テストステロンが強く作用をしすぎると問題が多いです。
ヒゲが生えたりや体毛が濃くなったり、頭がはげたりと女性として悲しい状態ばかり発生します。

テストステロンの出すぎで
頭がはげたあなたの姿を見て幻滅してしまう男性がいるかもしれません。

体毛が濃くなってしまったらプールや海に行って
水着姿になることも恥ずかしくてできなくなってしまいます。

そこでこの記事では女性の大敵、テストステロンを減らす方法について解説します。

女性の大敵、テストステロンを減らす方法

テストステロンを減らす方法

テストステロンを減らしたいならストレスを減らすことです。
女性はストレスが溜まると、自律神経に悪影響を与えて、
女性ホルモンの分泌が低下します。

すると男性ホルモンのテストステロンがストレスから守るために増えてくるのです。
だからまずはストレスを感じる場所から逃げましょう。

上司の嫌味でストレスがたまっているなら
仕事終わりに友達と一緒に飲みに行ってストレスを解消したり
週末にはかっこいい彼氏とデートに行ったりするのがおすすめです。

それでもストレスが解消されないなら
嫌味な上司がいる職場を辞めることも一つの手段です。

疑問に感じる女性

「私の場合、職場や人間関係にストレスを感じていないのですが・・・」
という方もいるでしょう。

そんな場合には抗男性ホルモン剤を注射してもらう方法があります。
抗男性ホルモンを注射してもらうとテストステロンの量が減ってきます。

抗男性ホルモンの名前は『スピロノラクトン』です。

あと女性ホルモンを増やすことで男性ホルモンの分泌を抑えることが出来ます。
女性ホルモンの増やし方はこちらの記事をご覧ください。

こちらも参考に!⇒ニキビ改善のための女性ホルモンの増やし方

女性がテストステロンを減らす方法」を読んだ人はこんな記事も読んでいます

テストステロンとは?
アンドロゲンとニキビの関係
ドーパミンとは?

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る