成長ホルモンが出ても身長が伸びない危険な筋トレ方法について

子供が筋トレをすると成長ホルモンはどうなる

筋トレをすると成長ホルモンがドバドバでます。
成長ホルモンは身長を伸ばす作用があります。

だから子供にはどんどん筋トレをさせてあげたいものです。

9~12歳ゴールデンエイジと呼ばれる期間に、
どのようなトレーニングをするかで、将来性の道が決定されると考えられています。

とは言っても小学生の頃にむやみに負荷をかけた筋トレをすると、
身長が伸びなくなってしまウ可能性があります。

間違った筋トレをすると一生チビのままってことです。

これから解説する内容は身長が伸びなくなってしまう筋トレの方法です。
身長を伸ばすためにも必ずご覧ください。

身長が伸びなくなる危険な筋トレとは?

リズム運動

小学生の頃で大切なことは神経系と呼ばれる発育が重要です。
身体感覚と技術をまずマスターすることです。

小学生はリズム感や器用さなどの発育が活発に行われる時期です。
強制感覚のないたくさん遊びを交えながら体に覚え込ませることが
身長を伸ばすことに大事だと言われています。

正しい筋トレを始める時期は中学生から高校生にかけてです。
より速く、より強くなるために筋トレで心肺機能・筋肉肥大・骨の発達を助けます。

筋トレ

中学生頃から筋トレを始めると、
小学生の時のちびっ子が、大逆転を起こすこともあるんです。

成長ホルモンが出ても身長が伸びない危険な筋トレ方法というのは、
筋トレを始める時期を間違わない事なのです。

更に詳しく説明しましょう。
身長は背骨の骨と足の骨が成長して伸びます。

一般的に身長が大きく伸びのは10~17歳ぐらいの間と言われています。
骨の成長も成長ホルモンの分泌が重要です。

中学生になってから筋トレをすることは、
身長を伸ばす上で一番効果的といえるのです。

間違っても小学生のころにお腹がバキバキに割れるような
筋トレはしないようにしましょう。

身長が伸びなくなってしまいますから。

こちらも参考に!⇒運動すると成長ホルモンはどうなる?

成長ホルモンが出ても身長が伸びない危険な筋トレ方法について」を読んだ人はこんな記事も読んでいます

成長ホルモンと時間の関係をグラフで表してみた
アンドロゲンとニキビの関係
成長ホルモンならこの食べ物がおすすめ!

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2016年 9月 09日
  2. 2016年 9月 12日

ページ上部へ戻る