プロゲステロンの作用は?

プロゲステロン 便秘

生理が近くなると急にイライラしたりお腹が痛くなったり、微熱がでたりしませんか?
これらはプロゲステロンの作用です。

女性が感情の起伏が激しかったり生理前にイライラするのも、
プロゲステロンの作用があるからなのです。

プロゲステロンは生理前にイライラさせたり
熱を上げたりお腹を痛くさせる作用だけではありません。

本来のプロゲステロンの作用は女性が妊娠しやすい体になるように
子宮の状態を整えることです。

子宮に受精卵が着床

たとえばプロゲステロンの影響で熱が高くなるのも
熱が高い方が受精卵が子宮に着床しやすくなるからです。

また受精卵が定着するには子宮の中にある子宮内膜が厚い方がよいです。
子宮内膜は胎児にとってのベッドの役割を果たすからです。

プロゲステロンは子宮内膜を厚くさせる作用があります。

プロゲステロン

「ステロイドホルモン」の一種のプロゲステロンは、
卵巣の他に副腎や神経細胞でも作られています。

プロゲステロンやエストロゲン、コルチゾールなどの材料は
肝臓が合成する「コレステロール」です。

「コレステロール」は卵巣と副腎とで分けあっています。
ストレスを抱えると、副腎(コルチゾール)が多く必要とするので、
卵巣へは、コレステロール量が少なくなってしまいます。

すると、卵巣が質の悪いプロゲステロンを作ってしまい、
生理不順や不妊症の原因になってしまうのです。

最後にまとめますとプロゲステロンの作用は

・子宮内膜を厚くする
・熱を上げる

ことなどによって妊娠しやすい環境を作ることです。

プロゲステロンは別名黄体ホルモンです。
次の記事では黄体ホルモン(プロゲステロン)を増やす方法について解説します。

こちらも参考に!⇒黄体ホルモンを増やす方法

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る