セロトニン症候群の対処法

セロトニン症候群の対処法

セロトニン症候群は抗うつ剤の飲み過ぎで起こります。ものすごくきつい症状です。
「生きていくのがつらい」と感じてしまうかもしれません。

「セロトニン症候群の症状について詳しく教えてよ」
と気になっている方、詳しい症状はこちらの記事で解説しています。ぜひご覧ください。
セロトニン症候群の症状は?

ここではセロトニン症候群の対処法について解説します。
もしセロトニン症候群が起こったら、なんとかして対処するしか方法はないわけですから。

後悔しても遅いってことです。

セロトニン症候群が起きたらどう対処すればいい?

セロトニン症候群

セロトニン症候群の対処法は、原因となっている薬を飲むのを止めることです。

セロトニン症候群の原因が抗うつ剤の飲み過ぎですから
飲むのをやめて、体から抗うつ剤が消えれば改善してきます。

ただあまりにもセロトニン症候群の症状がきつい場合もあるでしょう。
そんな場合には症状により、点滴治療や40℃以上の高熱が続いている場合は体温冷却処置をします。
適切な処置をすればほとんどの患者さんは、24時間以内に症状は改善されます。

対処法

あと、セロトニン症候群らしい症状が出た場合とにかくすぐに病院に行ってください。

自己判断で何もせず放置していると原因不明の発熱が12時間以上続き、
何も対処を行わなければ悪性症候群になってしまうことがあるからです。

高熱や呼吸不全、腎不全、などにより最悪死亡することもあります。

重症患者に対してはセロトニン受容体を遮断するために薬物治療が行われます。
抗精神病薬剤は判別が難しく慎重に処方しなければいけません。

抗精神病薬の投与開始や変更で体の変調があった場合、
すぐに医師や薬剤師に相談、診察を受けましょう。

こちらも参考に!⇒セロトニン症候群と悪性症候群の3つの違いとは?

セロトニン症候群の対処法」を読んだ人はこんな記事も読んでいます

セロトニン症候群かどうか検査する方法
セロトニンとケチの関係
オキシトシンと認知症の関係は?

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2016年 8月 31日

ページ上部へ戻る