プロラクチンが高い!薬は何がいい?

妊娠糖尿病

プロラクチンは脳下垂体で作られてるホルモンの一種です。
出産後の育児には不可欠な重要なホルモンです。

ところがプロラクチンの値が高過ぎる場合、身体への悪影響が多く出てきます。

ちなみにプロラクチンは『出産後の育児に必要不可欠』と書いたので
「女性にしか分泌されないホルモンなのかな」と思われた方もいるかもしれません。

プロラクチンは女性だけでなく男性にも分泌されます。
そしてプロラクチンの値が高くなるのは女性にも男性にもありえます。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。
プロラクチン高い原因|男性編
プロラクチン高い原因|女性編

ここではプロラクチンの値が高い場合に使われる治療薬について解説します。

プロラクチンが高い場合に使用される治療薬とは?

高プロラクチン血症で使用するお薬

プロラクチンが高い高プロラクチン血症には薬は何がよいのでしょうか。
プロラクチンが高い時の治療法は原因によって違ってきます。

他の病気で飲んでいる薬が原因のときはその薬は即中止するか変更となります。
プロラクチン産生腫瘍のような腫瘍が原因の場合は手術などの治療が行われます。

その他の場合は、薬の投与による治療になります。

ホルモンの分泌を抑える作用があるブロモクリプチン(パーロデル)が投与されます。

しかしブロモクリプチンには人によっては、
吐き気やめまいなどの強い副作用が伴います。

自然治癒力があり、体質改善により病気を治す漢方薬に変更する人もいます。
主治医や漢方医に症状を相談し自分の病気や体質をよく理解し正しい漢方薬を選びましょう。

こちらも参考に!⇒プロラクチンと不妊症の関係とは?

プロラクチンが高い!薬は何がいい?」を読んだ人はこんな記事も読んでいます

潜在性高プロラクチンとは?
プロラクチンの値が低い原因
成長ホルモン分泌不全症の治療方法は?

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2016年 9月 13日

ページ上部へ戻る