プロラクチンの値が低い原因

リラキシン いつから

プロラクチンは不妊症の原因になります。
妊活中の女性にとっては絶対に知っておいた方がよいホルモンです。
脳の下垂体の部分から分泌されます。

プロラクチンと不妊症の関係についてはこちらの記事をご覧ください。
プロラクチンと不妊症の関係とは?

逆に出産後、赤ちゃんに母乳を与えるときには
プロラクチンがしっかりと分泌されないと大変です。

プロラクチンの値が低いと母乳がでなくなり
赤ちゃんが成長できませんから。

ところでプロラクチンの値が低い状態をプロラクチン血症といいます。

プロラクチンは卵胞の発育や着床に重要なホルモンです。
妊娠のための発育や成熟、受精に促進的な働きをしています。

プロラクチンの値が低い原因

妊娠や出産とは関係がなくプロラクチンの値が低い場合は
脳にある下垂体の機能が落ちている可能性があります。

またパーキンソン病やムズムズ肢症候群などで
服用するドーパミン作動薬の副作用が原因で
プロラクチンの値が低くなることがあります。

その他にもプロラクチンの値が低い原因として

・シーハン症候群、
・下垂体腫瘍、
・甲状腺機能亢進症

などの病気の可能性も疑われます。

最後にまとめますとプロラクチンの値が低い原因は

・脳下垂体の機能が落ちている
・お薬の副作用
・シーハン症候群、
・下垂体腫瘍、
・甲状腺機能亢進症

の5つがあります。

プロラクチンが低い原因は以上です。
続いてプロラクチンが高くなる原因について解説します。
プロラクチン高い原因|女性編

こちらも参考に!⇒プロラクチン高い原因|男性編

プロラクチンの値が低い原因」を読んだ人はこんな記事も読んでいます

潜在性高プロラクチンとは?
エストロゲンが減少するとどんな症状がでるの?
なぜセロトニン不足になると痛みがでるの?

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2016年 9月 21日

ページ上部へ戻る