ノルアドレナリンとはどんなホルモン?

ノルアドレナリンとは

ノルアドレナリンと聞いてどんなホルモンだと思いますか?

アドレナリンというホルモンに似ている名前だから
興奮してきたり攻撃的になったりするホルモンかな」といった感じでしょうか。

私たちは毎日毎日、どんな時間も怒ったり、笑ったり喜んだり悲しんだり
人を好きになったり嫌いになったりしながら生きています。

こういった怒ったり笑ったり悲しんだりすることを『感情』といいます。

脳

感情は脳からの指令で感じています。
脳が「怒りなさい」「笑いなさい」「悲しみなさい」と指令しているわけです。

じゃ、どうやって脳から感情について指令しているのでしょう?
神経伝達物質を通じて指令しています。

神経伝達物質には

・神経細胞を興奮させるもの
・神経細胞を抑制させるもの

の2種類あります。

この記事のテーマであるノルアドレナリンは
別名「ストレスホルモン」や「怒りのホルモン」と呼ばれている興奮型の神経伝達物質です。

正解

なので記事冒頭であなたがもし
「ノルアドレナリンは興奮したり攻撃的になったりするホルモンじゃないの?」
と感じていたなら正解
です。

おめでとうございます。

話は戻って、過剰のストレスや強い痛みを感じるとノルアドレナリンは分泌されます。

ノルアドレナリンが分泌

ナイフを持った人に追い掛け回されたり上司に胸をつかまれたり、ビンタされたりすると
過剰のストレスや痛みを感じるわけです。

その結果、ノルアドレナリンが分泌されます。

ノルアドレナリンは危険な状態をいち早く感知します。

そしてノルアドレナリンが分泌されることで
集中力をアップさせたり、強いストレスを解消するための方法を
模索し活動を開始し脳や身体を健全に保つ働きをしています。

敵に襲われたときに集中力がなくて意識が散漫だと
確実にやられてしまいますからね。

ライオンに襲われているのに「今日の昼ごはん何食べようかな」ではどう考えても危険でしょう。
ライオンに襲われた時にノルアドレナリンが分泌され集中力が高まることで、
必死に逃げたりすることができるわけですね。

こちらも参考に!⇒ノルアドレナリンとアドレナリンの作用の共通点と違いとは?

ノルアドレナリンとはどんなホルモン?と違いとは?」を読んだ人はこんな記事も読んでいます

βエンドルフィンとは?
オキシトシンとは幸せになれるホルモンなの?
セロトニンとはどんなホルモンなの?

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2016年 9月 23日
    トラックバック:オキシトシンとは?
  2. 2017年 5月 24日
    トラックバック:ガストリンの働きは?
  3. 2017年 5月 26日
  4. 2017年 5月 30日
    トラックバック:コレシストキニンの働きは?

ページ上部へ戻る