豆乳を飲んだらエストロゲンはどうなる?

リラキシン

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンの2種類あります。

プロゲステロンは妊娠した時に胎児のベッドを作る作用があります。
胎児のベッドというのは胎盤のことです。
胎盤というベッドがしっかりできていないと胎児が心地よく成長できません。

もしプロゲステロンが不足していると胎児がうまく成長できず流産の原因になってしまいます。

これに対してエストロゲンは精神状態を安定させる作用や
女性らしいお肌や体作りに一役買っているホルモン
です。

エストロゲン

ということで、妊娠していない女性にとって
どちらかというとプロゲステロンよりエストロゲンの方が必要だといえるでしょう。
「じゃ、エストロゲンって体の外から摂りいれることってできないの?」
と」思った方もいるかもしれません。

豆乳

大豆で作られている豆乳はエストロゲンと構造がそっくりです。

豆乳に含まれている大豆イソフラボンは別名を植物性エストロゲンと呼ばれています。
「植物性エストロゲン?」とよくわからない方はこちらの記事をご覧ください。
植物性エストロゲンとは?

話は戻って豆乳を飲んでも、
女性ホルモンのエストロゲンの量は残念ながら少ししか変化しません。

卵巣から分泌される本物のエストロゲンに比べると、
豆乳の大豆イソフラボンの植物性エストロゲン効果は大変弱いものです。

更年期障害

とはいえ、更年期の女性はエストロゲンの量が極端に減ってしまいます。
そんな場合には豆乳などの食品を取ることにより
更年期障害の改善にプラスになる可能性
も考えられています。

したがって豆乳はエストロゲンと形がすごく似ているため
エストロゲンが激減している更年期の女性にはおすすめできます。

豆乳によってエストロゲンを多少は補うことができると考えられているからです。

こちらも参考に!⇒ザクロとエストロゲンの関係

豆乳を飲んだらエストロゲンはどうなる?」を読んだ人はこんな記事も読んでいます

結合型エストロゲンとは?
エストロゲンを減らす身近な食べ物とは?
プロゲステロンを食べ物で増やす方法

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2016年 10月 25日

ページ上部へ戻る