ノルアドレナリンとアドレナリンの作用の共通点と違いとは?

研究結果

ノルアドレナリンとアドレナリンは共通点もあれば違う点もあります。

まずアドレナリンとノルアドレナリンの元は同じです。
どちらもアミノ酸の一種、チロシンからできています。

チロシンは脳に作用する神経伝達物質の一つです。
うつ症状を改善させる作用があります。

チロシンはノルアドレナリンやアドレナリンの原料になるだけでなく甲状腺ホルモンの原料にもなります。

ちなみにノルアドレナリンやアドレナリンが作られる過程は
以下の順番のようになります。

フェニルアラニン

↓ ↓ ↓

チロシン

Lドーパ

↓ ↓ ↓

ドパミン

↓ ↓ ↓

ノルアドレナリン

↓ ↓ ↓

アドレナリン

です。

つまり、アドレナリンはノルアドレナリンからできているわけですね。

ノルアドレナリンとアドレナリンの作用は?

作用

ノルアドレナリンとアドレナリンの共通の作用は

・心拍数を高める
・血圧が上がる
・筋肉が強くなる
・脂肪が分解されやすくなる
・消化の調子が悪くなる

などがあります。

次にノルアドレナリンとアドレナリンの作用の違いについて解説します。

ノルアドレナリンやアドレナリンは以下の4つの受容体に働きかけて作用します。

・α1受容体
・α2受容体
・β1受容体
・β2受容体

の4つです。

アドレナリン

アドレナリンはどちらかというと
β1やβ2ではなくα1やα2受容体により働きかけます。

α1やα2受容体は全身の血管を収縮させる作用が強いです。
そのためアドレナリンによってα1やα2受容体に作用して
全身の血管が収縮するわけです。

アドレナリンはβ1やβ2受容体にも作用します。
β1やβ2受容体に働きかけることで心拍数が上がり心臓がギュッと収縮する力が強くなります。

これに対してノルアドレナリンはほぼほぼα1やα2受容体に作用します。
β1やβ2受容体にはほぼ作用しません。

アドレナリンの作用

ここがアドレナリンとの違いですね。
アドレナリンはα1やα2受容体により強く働きかけるもののβ1やβ2にも働きかけます。

でもノルアドレナリンはほぼほぼα1やα2受容体であって
ほぼβ1やβ2受容体には関係しません。

そのためノルアドレナリンの作用はα1やα2受容体に働いて
血管が収縮する作用が強く出ます。

以上で解説を終わります。

こちらも参考に!⇒エリスロポエチンの作用は?

ノルアドレナリンとアドレナリンの作用の共通点と違いとは?」を読んだ人はこんな記事も読んでいます

プロラクチン高い原因|女性編
インスリンの4つの作用とは?
ザクロとエストロゲンの関係

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2016年 8月 02日
  2. 2016年 8月 08日
  3. 2016年 9月 23日
    トラックバック:チロキシンの原料は何?

ページ上部へ戻る