黄体ホルモンとは?

黄体ホルモンとは

早く元気な赤ちゃんを産みたい
と考えている方なら、黄体ホルモンという言葉を聞いたことがあるでしょう。

黄体ホルモンとは受精卵が子宮内膜で成長し
元気な赤ちゃんが生まれるようにサポートするホルモンのことです。

黄体ホルモンは別名、プロゲステロンともいいます。

では具体的に黄体ホルモンはどんな働きをしているのでしょう?

黄体ホルモンとはどんな働きをするホルモンなの?

黄体ホルモン

先ほども申しましたが黄体ホルモンとは
元気な赤ちゃんが生まれてくるように妊娠をサポートするホルモン
です。

だからもし、黄体ホルモンがうまく分泌されなくなると大変です。
妊娠しにくくなってしまいます。
つまり不妊症の原因になってしまうわけですね。

では具体的に黄体ホルモンはどんな働きをしているのでしょう?

黄体ホルモンとは

黄体ホルモンの働きは

・子宮内膜という胎児のベッドを厚くする
・流産しにくいようにしてくれる
・食欲がわくようにする
・基礎体温を高くする
・乳腺がはるようにする
・みずみずしいお肌にする

などがあります。

女性の月経周期

女性の生理周期は

・低温期
・排卵日
・高温期

とあります。

低温期は朝起きたときに測る基礎体温が36℃台前半の時期です。
その後排卵日があり、高温期になります。

高温期になると基礎体温が36℃台後半から37℃台前半になります。
高温期に関係しているのが黄体ホルモンです。

ですからもし黄体ホルモンの量が不足すると高温期がやってきません。

黄体ホルモンは妊娠に関係するので
高温期が来ないと黄体ホルモンが不足しているわけですから不妊症になってしまいます。

最後にまとめますと
黄体ホルモンとは受精卵が子宮内膜で成長し
元気な赤ちゃんが生まれるようにサポートするホルモンのこと
をいいます。

黄体ホルモンはプロゲステロンともいいますが、
次の記事ではプロゲステロンの値が低くなる原因について解説します。

こちらも参考に!⇒プロゲステロンの値が低い原因とは?

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2016年 9月 24日
  2. 2017年 3月 18日
  3. 2017年 5月 23日

ページ上部へ戻る