セロトニン症候群の症状は?

高プロラクチン血症だと診断する医師

セロトニンは精神を安定させるホルモンです。
太陽の光を全身で浴びることで脳からセロトニンが分泌されます。

もしセロトニンが不足するとうつ病になってしまいます。
こちらの記事で解説しているような症状が出て周りから嫌われることもあります。

セロトニンとケチの関係

そんなこともあって、
セロトニンが不足してうつ病のような症状がある場合には病院でお薬が処方されます。

抗うつ剤

もちろんセロトニンを補うお薬です。
SSRIというタイプのお薬が多いです。

SSRIというタイプのお薬を飲むことで脳内のセロトニンの量が増え
精神状態がよくなってくるわけです。

ところがセロトニンの量を増やすお薬を飲みすぎると
今度はセロトニンの量が過剰になってしまいます。

そしてつらい症状に悩まされることもあります。
セロトニンが過剰になり、つらい症状がでることをセロトニン症候群といいます。

セロトニン症候群を起こすとどんな症状がでるのでしょう?

セロトニン症候群を起こすとどんな症状がでる?

セロトニン症候群の症状

セロトニン症候群の症状としては

・気持ちが落ち着かなくなる
・不安な気持ちになり将来を悲観する
・錯乱状態になる
・イライラしてしまう
・興奮状態になる
・手足がブルブル震える
・汗をかく
・熱がでる
・下痢をする
・脈拍数が高くなる

などがあります。

上記の症状に加えて、あなたが今、
抗うつ剤を飲んでいるなら、セロトニン症候群の可能性があります。

セロトニン症候群

もっというと、抗うつ剤を飲んで数時間以内に上記の症状があるなら
セロトニン症候群の可能性が極めて高いです。

セロトニン症候群が仮にあらわれたとしても
抗うつ剤を飲むのを1日やめればたいていは症状が消えます。

ですが、抗うつ剤を飲むのをやめると
かえって精神状態が悪化して危険なこともあります。

そういった意味では、もし「この症状はセロトニン症候群かも」
と感じたら、すぐにかかりつけのお医者さんのところで診察を受けたほうが無難でしょう。

こちらも参考に!⇒セロトニン症候群かどうか検査する方法

セロトニン症候群の症状は?」を読んだ人はこんな記事も読んでいます

セロトニン症候群の初期症状は?
セロトニンの5つの作用とは?
βエンドルフィンとは?

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2016年 8月 29日
    トラックバック:セロトニン症候群の対処法

ページ上部へ戻る