エリスロポエチンの注射について

プロゲステロン注射でしこり

もし腎性貧血だけどエリスロポエチンの注射を受けようか迷っているなら
以下の記事を読んでみてください。

どうしてエリスロポエチンの注射を打つ必要があるのか?
わかっていただけると思います。

腎不全などの腎臓病で腎臓が弱ってくると貧血になってきます。

貧血と言うのは血液の一種である赤血球の数が減ることです。

エリスロポエチンに不安な女性

どうして腎臓が弱ると貧血になるの?
と疑問に感じる方もいるかもしれません。

たいていの方が想像する貧血は

・鉄が不足することで起こる貧血
・交通事故などで大出血を起こして起こる貧血

でしょう。

腎臓はエリスロポエチンというホルモンを分泌します。

エリスロポエチンは赤血球を作ることに関係しているのです。
赤血球にも寿命があります。

生まれてきた赤血球はいつか死にます。
それでもだいたいいつも赤血球の数が同じです。

だから赤血球の数が減ったら『貧血』と言われるわけです。

赤血球

赤血球の数がいつもだいたい同じということは
常に赤血球は生まれ、そして死んでいっているわけです。

もし腎臓の調子が悪くてエリスロポエチンが分泌されなくなると
赤血球が増えなくなり、死んでいく赤血球の方が多くなります。

その結果、赤血球の数が減り貧血が起こるのです。
これを腎性貧血といいます。

「じゃ、治療はどうするの?」となりますね。

治療は不足しているエリスロポエチンの注射です。

エリスロポエチンの注射

「注射!?飲み薬がいいな」と思われた方もいるかもしれません。
注射は痛いですからね。

ですがエリスロポエチンは注射です。仕方ありません。

注射でエリスロポエチンを体に入れます。
すると不足しているエリスロポエチンの量を補うことができ
赤血球が増えてきて腎性貧血が改善するわけですね。

こちらも参考に!⇒腎不全とエリスロポエチンの関係

エリスロポエチンの注射について」を読んだ人はこんな記事も読んでいます

腎性貧血の診断法!とエリスロポエチンはどうなる?
エリスロポエチンの産生が高まる条件とは?
エリスロポエチンの働きは?

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2016年 10月 15日

ページ上部へ戻る