乳がんとエストロゲンの関係は?

乳がんとエストロゲン

女性の乳房は赤ちゃんに母乳を与えるために必要な臓器の1つです。
お母さんが母乳を出すには乳房の中にある乳腺がパンパンに張る必要ががあります。

乳腺がパンパンに張るにはエストロゲンという女性ホルモンが必要です。
エストロゲンによって10歳前後の女の子の乳房が膨らみ始めます。

そして15~16歳くらいでほぼ大人の女性と同じような乳房の大きさになるのです。

エストロゲンは30歳くらいがもっとも多く分泌されます。
30歳を過ぎると少しずつエストロゲンの分泌量は減ってきます。

40歳になるとさらにエストロゲンの分泌量の減り方が激しくなり
最終的には生理がこなくなるのです。
生理がこなくなることを閉経といいます。

この記事ではエストロゲンと乳がんの関係について解説します。

乳がんとエストロゲンってどんな関連があるの?

乳癌とエストロゲン

先ほども申しました。
40歳を過ぎると急激にエストロゲンの分泌量が減っていきます。

ですがエストロゲンは女性にとって重要なホルモンです。
エストロゲンは生理、出産、母乳の分泌など様々なことに関係していますが
他にも精神状態や体型、お肌の状態などにも関係しています。

そのため40歳を過ぎてエストロゲンの量が減ってきたとしても
どうにかしてエストロゲンの恩恵に体はあやかりたいわけです。

じゃ、どうするか?

乳癌

エストロゲンは体に存在する受容体とくっついて効力を発揮します。
そして若いころはエストロゲンが大量に分泌されるため受容体が少なくても
女性らしい性格や体を維持できました。

でもエストロゲンの量が少なくなる40歳以降は受容体の数が増えて
少しでも分泌されたエストロゲンを受け止めようとします。

たとえば20代のときには
エストロゲンの分泌量10で受容体の数5あるとしますね。

だから分泌されたエストロゲンのうち5を受け止め、
5の効果が発揮できたと仮定しましょう。

40代以降では
エストロゲンの分泌量6に対して受容体の数が10に増えます。

そのため分泌されたエストロゲンの6をほぼ確実に受容体が受け止め
6の効果を発揮しようとするわけです。

で、ここからが本題です

エストロゲンと乳がん

乳がんは40代以上の女性が発症しやすい病気です。

40代以上の女性はエストロゲンを受け止める受容体の数が増えるといいました。
勘のいいあなたならお気づきでしょう。

エストロゲンそのものが乳がんの発症と結びつくというより
受容体と結びついた』エストロゲンが乳がんと関係しているのです。

受容体と結びついたエストロゲンは細胞の増殖や細胞を分化といって
細胞を別のものに変化させる作用があります。

だから乳房の細胞も受容体と結びついたエストロゲンの影響で
変化することがあるわけです。

これが乳がんの正体です。

何らかのガンになりやすくなる刺激を乳房が受けた後に
受容体と結びついたエストロゲンの作用によってガン化することがあります。

その結果乳がんを発症するわけです。

最後にまとめますと乳がんは受容体とくっついていないエストロゲンによって起こるわけではありません。

40代以上になり受容体が増えることで
その受容体とくっついたエストロゲンの作用で乳がんが発症するのです。

だから20代や30代よりもエストロゲン受容体の数が増える40代以上の女性に
乳がんが発症しやすいのです。

誤解のないようにお願いします。

こちらも参考に!⇒エストロゲン過剰を起こす3つの原因とは?

乳がんとエストロゲンの関係は?」を読んだ人はこんな記事も読んでいます

エストロゲン過剰で起こる症状とは?
プロゲステロンと乳がんの関係
エストロゲンの量が少ないとどんな症状がでるの?

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. 初めてコメントさせて頂きますー。
    色々と気になることがあり、エストロゲンについて色々と調べておりました!
    エストロゲンは女性ホルモンの事なのですね。
    そして体に存在する受容体とくっついて効力を発揮する、との事で…全く知らない事ばかりでした。
    女性として生まれてきたのにも関わらず、調べないと身体の仕組みについての知識って入らないものだなぁと思ってしまいました(笑)
    年齢を重ねるにつれ、受容体が増えてしまい、それが乳がんの原因となってしまうのですね…。
    中々難しいものですね…もっと勉強しようと思います^^;

      • junvetjp
      • 2017年 3月 15日

      コメントありがとうございます。女性ホルモンといっても他にもプロゲステロンやオキシトシン、
      プロラクチンなどいろいろあって、勉強するのが大変で困ってしまいますね。
      これからもよろしくお願いします。

  1. 2016年 7月 09日
  2. 2016年 7月 11日
  3. 2016年 7月 15日
  4. 2016年 7月 28日
  5. 2016年 9月 09日
  6. 2016年 10月 01日
  7. 2016年 10月 05日
  8. 2016年 10月 08日
  9. 2016年 11月 09日
  10. 2017年 2月 02日
    トラックバック:犬の脂肪腫の原因は?

ページ上部へ戻る