カルシトニン注射の副作用は?

エスケープ現象

カルシトニンは血液中のカルシウム濃度が下がった場合に分泌されるホルモンです。
カルシトニンが分泌されると血液中のカルシウム濃度が高くなります。

他にもカルシトニンには骨粗鬆症を改善させる作用や意外な作用もあるのです。
詳しくはこちらの記事をご覧ください。
カルシトニンの意外な作用とは?

話は戻ってカルシトニンには骨粗鬆症の改善効果があります。
だから骨粗鬆症で骨がボキボキ折れて苦しんでいる患者さんに
カルシトニンのお注射で治療をすることがあります。

カルシトニンの注射を打つことで骨が強くなり
骨粗鬆症が改善されやすくなるわけです。

骨を強くする作用

カルシトニンの注射は骨粗鬆症の患者さんによく利用されています。
それだけカルシトニンの注射は骨を強くする作用が強いわけです。

カルシトニンの注射には

・骨粗鬆症による痛みを抑える作用
・手足の血流を改善する作用
・骨を強くする作用

などがあります。

とはいえどんなお薬にも副作用があります。
カルシトニンの注射にも副作用があります。

カルシトニンの注射にはどんな副作用があるの?

カルシトニン注射の副作用

カルシトニンの注射の副作用として

・顔が真っ赤に火照る
・アレルギー反応が起こる体がかゆくなる

などがあります。

ただカルシトニンの注射はステロイドの注射のような
糖尿病や肝障害などの副作用はありません。

カルシトニンは比較的安全な注射です。

それでもカルシトニンの副作用が心配な方は
ゲニステインをおすすめします。

詳細はこちらの公式ページをご覧ください。
ゲニステイン

こちらも参考に!⇒カルシトニンは思春期に増加する?

カルシトニン注射の副作用は?」を読んだ人はこんな記事も読んでいます

カルシトニンとは?
腎性貧血の診断法!とエリスロポエチンはどうなる?
プロゲステロン注射の副作用は?

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2016年 6月 21日

ページ上部へ戻る