セロトニン不足かどうかチェックする方法

ドーパミンの出し方

毎日の生活をする上で気分を安定させることはとても大切です。
そのためには神経伝達物質「セロトニン」のバランスが大変重要です。

セロトニンが不足すると精神のバランスが壊れてしまいます。
セロトニンが不足しているかどうかを自分で簡単にチェックする方法があります。
毎日の生活を思いだして以下の項目をチェックしてセロトニンの量を確かめてみましょう。

セロトニン不足チェック

<セロトニン不足度チェック>

( )日光を浴びることが少ない
( )朝は出かける直前まで寝ている
( )昼夜逆転生活になっている
( )固いものをあまり食べない
( )階段を使わずエレベーターやエスカレーターを使う
( )30分以上続けて歩くことができない
( )運動不足である
( )デスクワークが多い
( )朝食をとらない
( )ごはんやパンなどの炭水化物をあまり食べない
( )魚より肉をよく食べる
( )ダイエットのため食事制限をしている

さて幾つチェックが入りましたか?

診断方法は

・0~3個のチェック⇒セロトニン神経は大変活発です。

現状の生活を維持していきましょう。

・4~6個のチェック⇒ 標準的なセロトニン神経です。

セロトニンに良い生活をしましょう。

・7~9個のチェック⇒ 少しセロトニン神経が弱っています

セロトニン神経をきたえましょう。

・10個以上のチェック⇒セロトニン神経が大変弱ってます。

悪い生活習慣が身についています。
セロトニン神経をきたえましょう。

ストレスがたまると貧乏ゆすりをする人があなたの回りにいませんか。
この行為は行儀が悪いものと思われがちですが
本来は無意識にリズムを取ってストレスに対抗しているのです。

セロトニン神経を鍛える運動

セロトニン神経を鍛えるには貧乏ゆすりのような
リズム運動が効果的なのです。

普段の生活の中で手軽に鍛えることができます。

歩くとき階段を上る時テンポ良くリズミカルに行います。
行動に集中することです。

・食事はひたすら咀嚼する
・ガムを通勤電車内で噛む

このようなことも簡単に出来るセロトニン神経を鍛えるリズム運動です。

リズム運動は最低5分できれば20-30分、集中して毎日継続しましょう。
意識をリズム運動に集中しなければまったく効果は出ませんよ。

こちらも参考に!⇒セロトニン不足を起こす原因とは?

「セロトニン不足かどうかチェックする方法」を読んだ人はこんな記事も読んでいます

セロトニン不足で起こる症状は?
セロトニン増やす食べ物は?
エリスロポエチンとは?

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2016年 6月 19日
  2. 2016年 6月 22日
    トラックバック:セロトニンとケチの関係
  3. 2016年 8月 21日

ページ上部へ戻る