セロトニン症候群かどうか検査する方法

セロトニン症候群の検査法

セロトニン症候群とは脳内のセロトニンの濃度が
高くなりすぎる事で引き起こされる症状のことです。

セロトニン症候群を起こす原因は主にうつ病の治療薬として使われるSSRIを
大量に服用したことによる副作用で起こる
といわれています。

医師に指示通りに服用すればそんなに心配はありません。
しかし、SSRIの飲み始めの頃や服用量が増え始めた頃に起こることがあります。

セロトニン症候群の初期症状はめまい、頭痛、嘔吐などがおこります。
また、強い不安感に襲われたり、興奮するなど精神的に不安定になります。
SSRIを服用していて、このような症状があるときはセロトニン症候群かもしれません。

さらに詳しいセロトニン症候群の初期症状についてはこちらの記事をご覧ください。
セロトニン症候群の初期症状は?

セロトニン症候群の検査

病院でのセロトニン症候群の検査は基本的に体の状態と問診で診断されます。
血液検査や、画像診断では診断出来ません。

セロトニン症候群と診断される条件は自律神経系では、
発熱、発汗、高血圧、心拍数の増加、下痢などの症状が起こります。

交感神経系では筋肉の痙攣、筋肉の緊張と緩和が繰り返し起こる、
心拍数の増加、吐き気など、脳神経系では
興奮、錯乱、昏睡、頭痛などの症状が起こります。

以上の症状で3つ以上当てはまるとセロトニン症候群と診断されます。

セロトニン症候群は症状が重くなると
セロトニン中毒になり最悪の場合は、死にいたることもあります。

そのためSSRIを服用していて、いつもと違う症状が出たら
すぐに主治医を受診し投薬を一時止めるなどの処置をしてもらいましょう。

こちらも参考に!⇒家族がセロトニン症候群で危険な状態に!治療はどうする?

セロトニン症候群かどうか検査する方法」を読んだ人はこんな記事も読んでいます

セロトニン症候群の初期症状は?
セロトニンとはどんなホルモンなの?
セロトニンの5つの作用とは?

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2016年 8月 04日

ページ上部へ戻る