セロトニン症候群の初期症状は?

セロトニン症候群の初期症状

セロトニン症候群とは「睡眠の質」や「精神の安定」に深くかかわっている
セロトニンの異常で起こる症状です。

セロトニンの働きが悪くなったり不足するとうつ病などの病気になります。

反対にセロトニンの濃度が高くなると中毒症状が現われて、
時には危険な状態になってしまいます。

この状態がセロトニン症候群です。

精神の安定にはセロトニンとの濃度が大きく影響しています。
それではセロトニン症候群の初期症状とはどのような状態になることなのでしょうか。

精神科で薬を服用している人で処方されているお薬を服用していて副作用が現われてきます。

精神症状

セロトニン症候群

不安、混乱する、いらいらする、興奮する、
動き回るなどの初期症状が起こることがあります。

運動系の症状

震え

手足が勝手に動く、震える、体が固くなるなどの
初期症状が起こることもあります。

神経的な症状

汗

汗をかく、発熱、下痢、脈が速くなるなどの初期症状も起こります。

初期段階で薬を服用後、このような状態があらわれることを
「セロトニン症候群」と呼ばれています。

「セロトニン症候群」は薬を開始し数時間後に起こることが多く
薬を止めると24時間以内に症状は消えてしまいます。

お薬を服用していて、このような症状が2つ以上同時に現われた場合は、
医師や薬剤師に連絡して早期にに受診し診察を受けてください。

腎不全など重い病気につながることがあります。

抗うつ剤などセロトニン系の薬を服用開始される人は、
セロトニン症候群に注意が必要です。

こちらも参考に!⇒セロトニン不足を起こす原因とは?

セロトニン症候群の初期症状は?」を読んだ人はこんな記事も読んでいます

糖尿病で使用されるインスリンの種類は?
セロトニン不足で起こる症状は?
セロトニン増やす食べ物は?

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2016年 6月 15日
  2. 2016年 10月 13日

ページ上部へ戻る