結合型エストロゲンとは?

回復までの期間

女性ホルモンの働きは大切です。
更年期障害は女性ホルモンんが極端に少なくなり起こります。

冷え・動悸・頭痛などの症状が現われます。
閉経によって女性ホルモンの量が少なくなるからです。

不妊にも女性ホルモンが大きく関係しています。
卵巣の機能が低下する病気になると女性ホルモンの補充が必要です。
女性特有の病気にも広く女性ホルモンの働きが関係しています。

結合型エストロゲン

これらの婦人科の病気に使用される薬として
結合型エストロゲン(プレマリン)があります。

結合型エストロゲンとはエストロゲン製剤と呼ばれるホルモン薬のことです。

女性特有の様々の病気は女性ホルモンの不足から起こります。
投薬として女性ホルモンを投与して補うわけです。

女性ホルモンには種類がたくさんあります。
たくさんある中で主な働きをする物質がエストロゲンなのです。

結合型エストロゲンには体内で作られる
エストロン、エストラジオール、エストリオールはもちろん
いくつかの化合物も含まれてより身体に必要なものとして創られています。

結合型エストロゲン

エストロゲンが不足している女性に結合型エストロゲンを投与すると子宮や卵巣、
更年期障害や機能性子宮出血など女性ホルモン特有の病気の症状に働きかけて改善してくれます。

その他の働きとして結合型エストロゲンは
がんなどによって卵巣を摘出し「卵巣欠落症状」となります。

このような場合も女性ホルモンの補充を行います。

閉経により女性ホルモンが減少するため多くの女性は更年期障害がおこります。
結合型エストロゲンは卵巣や子宮に働きかけるため効果が出てきます。

結合型エストロゲンは
副作用の少ない薬として服用されています。

以上で結合型エストロゲンとは?についての解説を終わります。

こちらも参考に!⇒植物性エストロゲンとは?

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2016年 6月 18日

ページ上部へ戻る